2005年1月アーカイブ

勉強してないのでイマイチ分からない部分が多くて…

投稿する時の項目で「共通のテーマ」ってのは一体なんなのか?
カテゴリーはもっと細分化した方がいいのかなぁとか。
細分化してもいっぺんに見られる方法はあるのかとか…
トラックパックも、どういうものなのかも良く分かりません…(^-^;)
うーん。

シュレック2

| | トラックバック(0)

シュレック 2 スペシャル・エディション
★★★★★
シュレック1でフィオナ姫と結婚したシュレック。
フィオナ姫の両親から結婚披露パーティを開きたいとの手紙が届き、
遠い遠い国まで出かけるのだが...

シュレック1とぶっ続けで見ました。
シュレック1を見ている前提での★の数です。
いやぁー面白かった。

スケール、ストーリー、キャラの魅力、前作を軽く超えてますね。
公開時、TVで流れていた予告から気になっていたのですが、
長靴を履いたネコが最高!!可愛い!!もう、ふわっふわで。
(吹き替えのピアスをしてからの竹中直人が好きでないんですが)
両親、妖精のゴッドマザー、チャーミング王子どれもキャラが立っている。
人間もとてもリアルで、髪の質感、表情、違和感なし。すごい。
そしてやっぱり、ドンキーが最高。

前作よりおとぎ話のキャラクターのパロディが多かったように思いました。
終盤のピノキオとかいいですねぇ。

人間を多数登場させてみる、雨のシーンを作ってみる、間接照明の表現を
してみる等の実験っぽい映像が多数あって、ちょっとだけ気になったなぁ...
映像的にはシュレック1の方向性の正統な進化を感じました。
イラスト的な世界の中で、物質自体は写実的に近づける。
イラスト的な世界なので、魔法の薬の工場等、現実ではあり得ない映像が
楽しいなぁ。こういうの好きみたいです。

1つ贅沢を言うと、人間の姿の奇麗なフィオナ姫をもっと登場させて
欲しかったかなぁと。

シュレック

| | トラックバック(0)

シュレック
★★★★☆
人々恐れられている沼に住む怪物シュレックが主人公。
本人はいたって気楽に生活しており、人間に危害を加えるわけでもない。
国中のおとぎ話のキャラクターが捕らえられ、シュレックの住んでいる
沼地に追放されてきた。
シュレックは正義感からではなく、自分の土地から出て行って欲しい
理由で王に嘆願しに城に行くのだが、条件としてドラゴンのいる
城に捕われているフィオナ姫の救出を命じられる...

最近CGアニメ見てますが、これ結構面白かったです。
ピクサー作品と方向性がちょっと違うように感じました。
ピクサーは、背景・質感を実写に近づけるイメージ。
シュレックは、イラスト調の世界の中で物質自体はリアル調といった
印象を受けました。
キレイ!っていう感じは受けませんでしたが、いいイラストを見ている
そんな感じで、面白い質感でした。

オープニングの泥で顔を洗う、芋虫で歯を磨く等でなんというか
怪物の描き方というか、ありきたり+嫌悪感からちょっと引いたのですが
内容は良かった!
特にロバのドンキー(エディ・マーフィ/吹き替え山寺宏一)がいいですね。
やっぱ、山寺のエディ・マーフィの吹き替えは最高ですねぇ。
この人以外ない感じ。
ドンキーのおしゃべりが最高。これがないとだダメですね。

シュレックの吹き替えの浜田も悪くない感じ。
不器用な感じが出てて、僕はありだと思います。
フィオナ姫もキャラ設定も面白い。
吹き替えの藤原紀香は、下手でもなく、そんなに悪くなかったな。

ストーリーはおとぎ話のコメディ等が散りばめられ、飽きがなく
本質はラブストーリーでした。
序盤から知った顔のおとぎ話のキャラクターを、おちょくっている感じが
面白いなぁ。
まあ、ゲップ、おなら等のギャグ以外は良かった。
フィオナ姫を救出してから、城に戻るまでの道中、ロビンフット?調の
キャラのエピソードみたいなのがもっとあれば、言う事ない感じですが、
今のままでもまとまっていて、面白かったですよ。

ホテル ビーナス
★★★☆☆
どこかに傷を持つ者が集まり、お互いの本当の名前さえ知らず、
ここに来たいきさつも知らない、そんな人々が暮らすホテルビーナス。
それぞれの人間が、それぞれの日々の生活をしているが、
変わらない日常に見えても、少しずつ変わっていく...

全編モノクロ調(完全なモノクロではない)ハングル語の映画。
最後の草なぎの台詞は、なんか心をうって涙が出たが...
それ以外は、はっきりいってとても退屈な映画。
最後の台詞も草なぎの演技力のお陰かもしれない。
オサレ映画に片足つっこんだような作りで、とにかく日常シーンが続きます。
後半多少、ホントに多少物事が動きますが、映画のボリュームでは
なく、ドラマレベルの物事かな。

他の人の感想にありますが、ハングル語のみは成功していると思う。
出ている人物はほとんどアジア系人物なのに、舞台はアジアではない
のは分かる無国籍風の作り。

タップのステップ?が結構関わってきたりして、
結構、合間、合間にステップを挟んでくるのですがー
わざとだとは思いますが、効果音が多少遅れて鳴るんです...
それも大げさに加工された様な音で...
これが結構応えます...だんだんイライラしてくるんですよ。
終盤の草なぎの生きる事についての台詞がなかったら、見るべき所
ない映画かもしれません。
ギリ★3つ...

Amazonのパッケージ写真がないみたいです…

★☆☆☆☆
ひったくり事件にあった事から知り合った男性と
主人公(女性)は結婚し一緒に暮らし始める。
普段から家の中に人の気配を感じる主人公、
それを幻覚だと思い、まともに取り合ってくれない夫。
その侵入者とは…

これ、やっぱり面白いと進められたのと間違えて
借りてしまったようです…

↓近くのTSUTAYAへの苦情。
もう!近くのTSUTAYAの棚のレイアウトが以前
改悪されて、酷い状態!!
アクションコーナーでも変に分類しちゃってて、自分の
探している映画が戦争ものか、刑事ものか、スパイものか、
パニックものか、ギャングものかって分かってないと探せない!!
通路も狭いので、人のすれ違いにも気を使うし。

映画の感想に戻りましてー
ネタは面白くなりそうな感じなんですが、他の部分でかなり足を
引っ張っていて、もっと良くなりそうなネタなんですけどねぇ…
まず、カメラワーク!意味のない所でズームしたりしない!!
そして、シーンのつなぎ方!ぶつ切りなだけ!!
そして、人物の描き方!意味深な顔してな〜んにもないじゃないの!!
登場人物が妙に変な空気をまとっていて、ちょっと気持ち悪い描き方。
そして、吹き替えの問題!声優が棒読み!!

↓以下ネタばれ含む

最後の種明かしも、途中で説明しすぎてバレバレだし、
もっとエピソードとして過去と繋がってる様子が必要では。
その繋がっているという原理もあやふやだし、
繋がる条件も説明ないので、結局なんにも分からない。
そういうものだ。ってまとめられてる。
出ている役者に思い入れがない人以外は、見る意味ありませんね。

モンスターズ・インク
★★★★★
人間の子供の悲鳴をエネルギー源としているモンスターの世界。
その悲鳴を集める業務をやっている企業が舞台で、
悲鳴を集める営業成績トップのモンスターのサリーとマイクが主役です。
モンスタ−達は人間の子供に触ると、死んでしまうと思っていて、
人間界の物質にもかなりの拒否反応。
ある時、子供がモンスターの世界に紛れ込んでしまって...

言う事ないですね。
設定、モンスター、世界観素晴らしい!
特に設定が最高(^-^)
子供悲鳴を集めるといっても、残酷な感じにはならず
それを業務としている姿が滑稽で、子供より社会人の方が
何か感じる事が多いかもしれません。
どこでもドア(^-^;)の設定も生きていて、捨てている箇所が
ない様な、そんな充実感を感じます。
ストーリーに緩急もあり、終盤のスピード感あるドアチェイス?も
とてもいいアクセントになっていて、いい!!

キャラクターもだんだん愛着が湧いてきます。
一つ目のマイクなんて、最初は可愛くないんですが、だんだん
とっても良く見えてきました。
日本語吹き替えの石塚、田中もとっても頑張っていて違和感なし!

まあ先に同じピクサーのニモを見ちゃったので、CGはやっぱり
当たり前ですが(^-^;)後のニモの方がすごいですね。
ニモはCGなんだけど、実写に見間違う位のレベル。
モンスターズ・インクはCGっぽい感じを残している。
コンセプトの違いや世界観から、あえてそうしているのかも
しれませんが。
ストーリー、設定はモンスターズ・インク。
CG、DVDの特典映像はニモ。

最後のNGシーンは、僕は好きじゃないんですけどね。
まあ本編がとってもいいので、★5つ!!

少林寺三十六房
★★★★☆
清の時代、家族と仲間を殺された主人公は、
強くなりたい為、少林寺を目指しなんとかたどり着いた。
復讐を誓い厳しい修行に明け暮れる日々。
修行の全て三十五房を終え、少林寺の拳法の普及と
圧政に苦しむ民を救う為下山した。

修行がメインの話なんですね。
確かに修行の場面は、変わった修行で面白い。
最初は身のこなしを鍛える為に、池に浮かんだ
丸太をわたる修行の房、それをマスターしたら
次の修行といった感じで、色々な部分を重点的に鍛えていく。
何かのアトラクションの様なそんな修行です。
それぞれの修行での成長の過程が気持ちいいです。

ただ、修行を終えて下山した後が実にあっさり
していて物足りない。
あからさまに修行の成果を出す場面もしらけるとは
思うが、もうちょっとエピソードが欲しかった。
修行の場面だけの評価なら★5つ。

黄泉がえり

| | トラックバック(0)

黄泉がえり
★★★★☆
九州の阿蘇地方で、死者や行方不明者が生前の姿で
蘇って戻ってくる現象が発生し、その調査に九州が
地元である厚生労働省勤務の主人公が調査に訪れた。

あんまりドラマとか見ないんですが、
なんか草なぎのドラマとか好きなんですよねぇ。
なんというか存在感が気になって。

いやぁ主題歌がとくに素晴らしいですね。
そこで何でもないシーンで涙がこぼれました。
まあ僕は涙もろいんですけどね。

日本映画らしく(?)抑えた演技で、全体的にゆったりとした
感じで進みます。
最後の盛り上がりが、歌と相まっていいですねぇ。
最後のシーンで、少年が描いた絵が飾ってあるシーンがきたね。
あのおばあさんの雰囲気が素晴らしい。

ただ...オチというかそれが僕は最初ですぐ、ホントすぐに一瞬で
分かっちゃったので、それが分からなければもっと
面白かったのかなぁと。

ペイチェック 消された記憶
★★★★☆
雇われた企業のライバル会社の製品を解析し、パクリ、改良し、
新しい商品生み出し、その研究期間の記憶を消す事によって
信用を得ているフリーの技術者を職業としている、主人公。
友人の依頼で、かつてない3年間という長い期間を研究に費やし、
研究終了後3年間を記憶を消されてしまう代わりに莫大な報酬を
約束された仕事を請けた。
3年間の期間が終了後、主人公の手元には莫大な金額が手に入る
はずだったが、手元に残っているのは、自分が自分宛に送った
ガラクタらしきもののみ...

結構面白かったです。
監督が同じ、ミッションインポッシブル2よりよっぽどいい感じです。
ただ、ミステリー部分になるガラクタがイマイチ良くないんだよなぁ...
あれどこに使うんだろ?ここかな?!ってのがなく、主人公があまり
悩まず的確にアイテムを使っていのが良くないなぁ。
もっと引っ張れる項目だと思うんですが。
そんな感じだから、見ている方もアイテムの使い道を考えるのを
放棄してしまうんですよね。

ヒロインのユマ・サーマンもキャスティングとしては失敗では。
キルビルのイメージから、とても強そうで。
見始めたときーあれぇーこの人どっかで見た事あるなぁって(^-^;)
主人公のベン・アフレックも...
あれぇーこの人どっかで見た事あるなぁって(^-^;)
思い出したのは、デアデビルですね。
もう、全然覚えてないじゃん!!俺!!
そこら辺がライトな映画感想ブログっぽい(^-^;)

序盤はもうちょっとしたら★5つとかなりそうな雰囲気あったんですが、
中盤からの終盤の面白さがアクションのみだったのがいかんなぁ。
サスペンス要素が強かったら、もっと面白い映画になったのに。
特典映像もそれなりに入っていて悪くないので、残念だ。

片腕カンフー対空飛ぶギロチン
★★★☆☆
「ギロチン」という一撃必殺武器の達人、盲目の封神の弟子2人が、
片腕のカンフー使いに殺されてしまった。
封神は復讐を誓い、僧侶に扮装し片腕の男を捜す...

映画タイトルを見れば分かる通り、かなりのバカ映画でした!
いやー「ギロチン」という武器なんですが、結構残酷な武器で
長い鎖の先に赤い帽子みたいなのが付いているんですが、
それを鎖鎌のように振り回して、帽子を投げて相手の頭にかぶせて、
鎖を引くと...
うあぁ首が!斬られちゃいます!!
残酷だー(明らかに服の下に頭引っ込めてるんですけどね(^-^;))
★3つですが、バカ映画好きならもっと得点高いでしょう。

映画の序盤は封神から始まるんですが、実際の主人公は
片腕カンフー使いの方で、もう封神がメチャクチャで笑えます。
盲目の老人が、赤い帽子が付いている鎖を振り回しながら
追いかけてきます!!
盲目なんで、片腕の男が見分け付かないので、片腕と聞くと
誰彼かまわずギロチンの餌食です!
殺しちゃった後、人違いが分かっても
「まあよい。片腕の男は皆殺しじゃ!」ですから(^-^;)
そしてすぐ手投げ弾の様な爆弾を投げて爆破します。
メチャクチャ(^-^;)

昔の映画なんで、効果音が大げさでそれも面白い!
ギロチンを振り回す音「ヒュンヒュン...」
投げた!「ババッ!!ボヘェェ〜〜」
相手の頭にすっぽり!!「カポッ!」
カポッって(^-^;)

脇役のキャラも凄いインパクトあって、
濃い顔の腰巾着ムエタイ使い、腕がのびるヨガの達人
(ダルシムですねぇ)とかとか。
あらは沢山あって、まず日本語吹き替えでも途中で
日本語がなくなったりするので、字幕は出しっぱなしで。

ファインディング・ニモ
★★★★☆
カクレクマノミの卵の生き残りの最後の1匹ニモが
人間のダイバーにさらわれてしまい、父親のマーリンが
ニモを探して初めての旅に出ます。
途中で忘れっぽいナンヨウハギのドリーと出会い、
一緒にニモを探してもらう事に。

今までディズニーなんで、見てなかったんですが
いやー見て良かったです。
制作はピクサーなので、自分の思っているディズニー映画より
面白かったです。

確かに子供と一緒に見られるようなストーリーですが、
映像がとても美しく大人でも十分楽しめます。
デザイナーの立場から見て、すげーなぁ...(ため息)
ちきしょーどうやってるんだ!!って悔しさもあり(^-^;)
珊瑚・イソギンチャクが特に美しくて、凄い。
キャラもたっていて、いいキャラがいっぱい。
カモメがお気に入り。
(ウォレスとグルミットのペンギンに似ている...)

最後も説教臭くなく、とてもいい映画でした。
2回連続で見ちゃいました(^-^;)疲れた。
1回目は吹き替えで普通にみて、2回目は音声解説付きで。
DVDのメニューも放っておくと、木梨声でべらべらしゃべる!
サービス精神旺盛なDVDでした。

他のピクサー映画も見てみようかなという気になりました。
とりあえず、モンスターインクはレンタルしてあります!

当日レンタルで1日5本鑑賞はしんどー!!
無理しすぎました(^-^;)

DVD返却ポストに返してきて、これ書いてるんですが現在6:40。
分かりやすいように見た映画15日付けで感想書いてますが、
↓ブルーサンダーなんて16日6:20すぎ見終わったんですけど、
眠くならないように、頭使わなそうな映画最後にしたんですが、
これが良かったのか、悪かったのか途中眠い眠い…

ブルーサンダー
★★★☆☆
高性能武装ヘリ「ブルーサンダー」を中心に、軍の人間が陰謀を
企てているのを知った警察ヘリパイロットが、逆にブルーサンダーを
奪い陰謀を阻止しようと、組織を相手にヘリ1台で戦う。

やっぱり古さは拭えませんね。
高性能ヘリっていわれてもピンときませんでした。
終盤のヘリチェイスも今となっては普通に見えてしまいました。
まあ極端な合成がないと思われるので、撮影は大変でしょうけども。
相手の戦闘機はやっぱり合成でしたけどね。

ストーリーも平凡かな。
序盤から中盤にかけて、ヘリを使って、捜査やパトロールに意味のない
盗聴やのぞきをする複数のシーンは一体なんだったのか??
うーん。
なんでしょうね、真面目じゃない警官が頑張った感を出したかったのかなぁ...
ヘリならではの空中戦がもっとあれば良かった。

戦闘機に勝つヘリって、ありえないなぁと思って見てました。
フライトシューティングゲームだと、ヘリなんて一撃(^-^;)

A.I.

| | トラックバック(0)

A.I.
★★★☆☆
不治の病の息子の代わりに、人工知能の優れている少年ロボットを
家族として迎えるが、息子の病気が治り結局追い出されてしまう。
以前読んでもらったピノキオの絵本を信じて、自分を人間にしてくれる
願いを叶える妖精を探す旅に出る。

いやぁー悲しい話ですね。
あまりにも悲しくて空しくて、救いって言ってもあの程度だと
やっぱり悲しすぎる。
悲しくて、寂しくて、好きじゃないジャンルの映画です。
ちょっとは救われて、軽くホロッときた感じです。

妖精を探している旅の途中のエピソードが少ない気がします。
もう少しエピソードが欲しかったなと。
終わりかな、終わりかなっていう場面が何度もあって、裏切られる感は
良かったんですけどね。

旅に出る前のデイビッドがどこか機械的で、何か人間に危害を加える等
何かしでかしてしまうのでは?!とハラハラ見てたのは、やっぱり
オスメント君の演技力なのかな!?
ジュード・ロウのテカテカしたロボっぷりも見事でした。

スター・トレック ファースト・コンタクト
★★★★☆
エンタープライズのピカード艦長は、ボーグが地球に攻撃開始した事を知り、
命令違反ではあるが地球にワープし、ボーグを撃退する事に成功する。
しかしボーグ宇宙船がタイムワープし、過去の地球で歴史を変えてしまった。
それを阻止するため、エンタープライズも一緒にタイムワープする。

前見た「叛乱」より映画っぽくて、派手です。
(公開時期としてはこちらの方が前のようですが。)
ボーグという強いキャラクターが(見た目的にも能力的にも)
ピンチを作り出していて、メインクルーが助かるのは
わかっているんですが(^-^;)ハラハラしました。
地球地表とエンタープライズ内部で話が進み、幅が増している感じがします。
キャラクター知らない方でも楽しめるかも。
前の「叛乱」と同じくキャラクター知らない方は★マイナス1で。
エンタープライズも活躍してるし、面白かったですよ。

それにしてもメインクルー以外の扱いが軽くひどくて(^-^;)
これもスタートレックっぽいのかなぁと。
(確かそうですよね?<詳しいファンの方)

アメリ

| | トラックバック(0)

アメリ
★★☆☆☆
空想癖がある主人公の女の子は、周りの人にお節介で色々な
物事のきっかけを作為的に作ったりする事に幸せを感じている
ようなキャラで、ある時一目惚れして今度はその相手に対して
作為的にきっかけを作る行動していく...

わかりません。
何がわからないって、この映画の評判の良さがわかりません。
映像はとても印象的、画面全体からくる質感が独特でいいと思います。
生活感はないので、ミュージックプロモーションビデオのような
インパクトがある映像です。
これ以上やると、これカッコいいだろくさくなり、うるさくなる様な
ギリギリの線の映像ですね。

主人公が空想癖あるみたいな設定でしたが、
もっと何というか、現実と空想の境目があやふやになっている
映像・ストーリーを期待していましたが、大した事なかったです。
油断すると下ネタかよっ!ってのが多い...

最後まで見ましたが、とてもしんどかったです。

SAMURAI

| | トラックバック(0)

SAMURAI
★★★☆☆
500年生きている悪魔が、若返りの為に転生を目論み
それに巻き込まれていく、戦国時代その悪魔を蘇らせて
しまった武将の子孫の話です。

うん、完全なB級です。
だがー!しかしーー!アクションに腰が入ってる!
それが結構カッコいい。
ワイヤーアクションも控えめで、いいと思います。

PS2ゲームがストーリーに絡んでくるのですが、
最後の展開は、ゲームを絡めている映画としては
今まで見た中では、筋が通っていて良かった。
ゲームに絡めているのが、ただのきっかけでなく
結構重要だったりしてるのが、なかなか考えたなと。

そしてー!B級ポイントの発表です。
まず、戦国時代の場面から始まります。
悪魔を身ごもっている女性を追いかけている鎧の武将、
女性を守ろうとしてる男達...
追いかけている武将の鎧は違和感なし。
場面の舞台も竹林で、問題なし。
そして守ろうとしている男達の服装は、鎧武将と比べると
軽装のただの着物。まあそれはいいとして...
している鉢巻きが「忠誠」!!
ここで視聴者は、この映画B級だ!って覚悟ができます(^-^;)

その後いきなり現代に場面が移って、逃げている男、
追っている男達...
同じ竹林、プレハブの小屋があって...
ん?小屋になんか大きく書いてあるな...
「井戸ポンプ」
うわーーー!

結局。追われている男が殺されてしまって、
追っている男達が死体にマッチで火をつけて焼いてしまいます。
ん?マッチに何か書いてあるな...
「長寿」
うわわーーーー!!

そんな楽しみ方もできる映画です(^-^;)

グッバイ、レーニン!
★★☆☆☆
内容は東西ドイツ統一の瞬間、昏睡状態で東西統一を知らない
社会主義者の主人公の母親にショックを与えないようにと、事実を隠している
主人公と姉とその周りの人々との関わり方を描いているストーリーです。

この映画...コメディでしょうか...?
他の方の感想に、そういうのを以前見かけたと思うのですが、
僕の印象としては、決してコメディではありません。
結構重く感じました。
全く笑えません。
母親だけが知らない事実...それを見ている事実を知っている人々...
母親の社会主義の時代そのままの行動、周りの人は一体どういう
気持ちでみていたのでしょう。

主人公のとった行動は、母親への愛情ともとれますが、僕にはそうは
思えず、母親が可哀想で...
やっぱり、どんな悪い事・大きな衝撃を受けようと、真実がしりたいです。
そういう意味で、主人公には全くもって共感できません。

起承転結の「転」がないストーリーに思えました。

思いっきりファンではないのですが、
カッコ良かったので、飽きるまでこのデザインにしまーす!

スター・トレック 叛乱
★★★☆☆
僕はトレッキーレベルでなく、ちょっと以前深夜にやってた
番組を見てたくらいのファンです。
なので、全くスター・トレック見た事なくて、キャラクター
知らない人なら、もっと評価下がるかもしれません。

この映画は、映画というよりTVドラマのスペシャル版位の
ボリュームといった方がいいと思います。
なんと言うか、壮大さがちょっとないエピソードでしたが、
レギュラーのキャラクターがやっぱりいいので、★3つで。

ピカード艦長は初めてカッコいいと思ったハゲ!!
すげーカッコいい。渋い!!
この映画もやっぱりカッコ良かった。

この映画で見たデータが、自分の記憶の中のデータと違い
ちょっと年を取ってしまって見えたので、それが残念であり
悲しかったなぁ。

TAXi 2

| | トラックバック(0)

TAXi 2
★★☆☆☆
久々TV放映の映画の感想です。
1から合わないなぁと思っていたんですが、
TVでやってたんで、見てやるかなと。

で...
やっぱ2でも合わないーー!!
なんか見てるとイライラしちゃうんですよね。
主人公の性格と、スト−リーの進み方が。
途中からながら見で。

もっとバカみたいなカーアクションが見たいなぁ。
車の変形とかは、とっても好きなんですけどね。