2006年9月アーカイブ

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! スペシャル・エディション
★★★★★
ウォレスと愛犬グルミットは畑を荒らす
ウサギを捕らえる害獣駆除業を始めた。
この時期住人は巨大野菜コンテストの
出品野菜作りに力を入れていて、捕獲
したウサギを保護する地下室も手狭に
なってきた。
ウォレスは、ちょうど発明していた
発明品を使ってウサギを野菜嫌いに
する事により解決を試みたが...

最初はちょっと変なキャラ作りに不安
だったのですが、そこはいつもの
ウォレスとグルミット!最後は盛り
上げてくれて、段々ブタ鼻キャラが可愛く
見えてくる状態に。

元々シリーズのファンでして、一時期
携帯にグルミットストラップを付けて
いた位なので、ちょっと甘めの評価
かもしれませんが、また新作を観る
事ができる喜びプラス、クレイアニメと
してこれに5つ星上げなきゃ、この
シリーズ以上ってなかなか無いと思われ。

賛否両論あるとは思いますが、自分は
このCG具合は作品に広がりを持たせる
事が出来るので、嫌いじゃないです。
クレイアニメと合成したシーンが本当
うまい具合に融合して立体感が凄い。
まあ元々このシリーズの作品は、クレイ
アニメなのに奥行きを感じさせる映像
ではありますが...
これ以上合成してしまうと、良さが
消されてしまうギリギリのラインの
合成で、それでいてクレイのみでは
表現出来ない光や立体感を表現して
いていいなぁと。

最後もいつも通りのグルミットの孤軍
奮闘具合が良かった!
贅沢言えば、もっと変な発明品が出て
来て欲しかったなと。

害獣駆除出動の為の、自動寝起き
システムや、野菜を守るセキュリティ
システム等やっぱこういう小技がいい!!
シリーズのDVD欲しくなったなぁ。
買おうかなぁ。

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (特別編)
★★☆☆☆
母親の自殺により、心を閉ざして
しまった娘のエミリー。
父親のデビッドは娘の為に環境を
変えようとニューヨーク都市部から
郊外に引越す事にした。
新居で娘はチャーリーという友達が
出来たといい、その父親には姿の
見えないチャーリーと遊ぶように
なると同時に、バスルームに血文字の
ような落書きがあったり、飼い猫が
殺されたりと様々な事が起きようになる。

もうチャーリーとは何なのかとか、
どうでもよくなって、とにかく映画
前半はイライラ...なんかイライラ...
最初吹き替えで観ているのも良くなかった。
もうしつこいな!!どうでもいいからネタ
ばらししろよ!!ってな具合に。

んで、ネタばらししても「あ、そう。」
ってな具合で衝撃少なく、最後これかよ...
普通じゃん。
この程度の結末には全くもって驚きません。
大した事ないのに引っぱり過ぎだ。
あー頭痛い。
かつて流れていたTVCMだと、もっと
面白そうに見えたのになぁ。

告発

| | トラックバック(0)

告発 デラックス版
★★★☆☆
脱獄不可能と言われるアルカトラズ
刑務所に入獄中のヘンリーは、仲間との
脱獄に失敗し、3年もの長期間独房に
入れられるという虐待を受ける。
やっと独房を出られた日、脱獄計画を
密告したという仲間を食事中に殺害
してしまう。
死刑は決定的と誰もが思っていた事件
だが、若き弁護士ジェームズは所内の
虐待を知り、権力を恐れず、逆に
アルカトラズ刑務所を告発する。

なんでも実話だそうで、重いです。
感想としては、頑張った!凄いな。
判決後権力で何かされたりしなかった
のだろうかとか...
感動話っていうわけではないので、
この位の★かなぁと。

あまりストーリーとは関係ない事
なのだが、序盤は囚人ヘンリーの
苦痛というか、精神状態を表している
のか、カメラワークが奇妙で、気分が
悪くなり始め、うわー勘弁してくれ
ってな感じで最後まで観れるか?!
という感じだったのだが、途中から
普通のカメラワークに戻り、大丈夫
だった。

うーん、感想があんまり出ないなぁ。
やっぱ実話ベースだと、こう軽々しく
適当な事言えない様なそんな気分に
なり、いつもこんな感じになって
しまうような気がする。

こういう映画も元の英語で理解出来て
観る事ができれば、役者の気迫等
伝わってきて感想が変わるのではと、
残念ながら英語力ゼロの私は
いっつも思うのでした。
だからって習おうとは思わない自分も
なんだかなぁ...
普通に生きるだけでいっぱいいっぱい
なので仕方ないですが。