2007年3月アーカイブ

トランスポーター2 DTSスペシャル・エディション
★★★☆☆
依頼された人・物などを専用の改造車で
運ぶプロの運び屋フランク。
今回はジャックという少年の運転手として
働いていた。
ある時、ジャックが誘拐されそうになり
一時は阻止できたが、フランクもろとも
敵に捕まってしまう。

もうですね、全然運び屋じゃないんですよ。
前作も最初だけ運び屋調で、中盤から終盤まで
ただのアクション映画となってましたが、
序盤の運び屋シーンがあるので、かろうじて
運び屋ってタイトルでも良いでしょう...
(なぜ上から目線...)
だが今作の内容では、もうホントにこの
タイトル止めましょうって!!。

そもそも前作にあったフランクがこだわって
守っていた運び屋ルール3ヶ条って出てきた?
前作見ている事前提か。

あと気になったのが、アクションシーン。
前作も車のオイルまみれ格闘シーン等
トリッキーなアクションはありましたが、
それが売りだったっけ?
今作は全編トリッキーアクション。
・狭いクルーザー内アクション
・消火ホースアクション
・ターザンロープアクション
もうね愉快でコミカルで、燃えてこない。
ジャッキーに近いコミカルな印象も。

そして絶対ピンチの訪れないフランク。
↓以下ネタバレ注意!!

車の前に飛び出したって、車の挙動関係なく
直前でピタッと停まります。
もうホントに反動なしでピタッと。
窓から飛び降りても下にクッションあります
ので、ご心配なく。
敵が自家用ジェットで離陸直前でも、
取りあえず車で追いかけましょう。
追いつけば何となく機内に侵入できます。
敵の切り札も関係ありません。
取りあえず殴りましょう。後で誰かが
どうにかしてくれるでしょう。
飛行機はコントロール失ってもフランクなら
大丈夫。墜落しても、海に浸かるだけです。
取りあえず目の前の敵を殴りましょう。

普通を装いながら、ご都合主義で無敵の
スーパーヒーロー映画。
運び屋?どこが?なんだこりゃ。

スーパーマン リターンズ(1枚組)
★★★☆☆
謎の失踪していたスーパーマンが
5年ぶりに地球に戻ってきた。
環境が変化し、同僚のロイスも
子供もいて婚約中であった。

スーパーマン役の役者の方は、
初代のスーパーマンの印象と
とても似ていて、その点は
スーパーマンのイメージを崩さず
はまり役だったのは良いが...

スーパーマンであるにも関わらず、
アクションシーンが少なく残念...
それぞれのアクションシーンは
質が高く、充分スーパーマンの
能力をアピール出来ているのだが、
とにかくシーン数が少ない。

↓以下ネタバレ注意!

そして悪役と大した攻防もせず、
終盤の初めての戦闘でいきなり
ピンチになりボコボコにされる
のはどうなんだろう。
そしてそして...反撃もせずに
しゅ〜りょ〜って!!!

子供向けの配慮なのか、痛い
シーンは極力見せないようにして
いて、スーパーマンが刺される、
悪役の部下が死ぬシーン等、
一切見せないようにしているのも、
仕方ないが...メリハリがないかと。
刺されるシーンなんて、痛がる
演技だけ見せていて何やってるか
わからないんだものなぁ。
初めてシリーズを観る方への
説明不足も感じたなあ。