数字の最近のブログ記事

300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組)
★★★☆☆
スパルタの王レオニダスの元に
ペルシアの王から遣いが。
スパルタに比べ圧倒的な軍力を
もつペルシアは、土地と水の
提供を拒めば、国を滅ぼすと
脅しをかけてきた。
しかし、レオニダスは遣いを
抹殺しペルシアと戦うことを
決める。
実質的に国政を動かしている
お告げを無視し、戦いを選んだ
レオニダスは王といえども
軍を動かす事ができない。
散歩と称してたった300人の
精鋭を連れ戦に向かう。

全編全シーンこってりトンコツ
ラーメンのごとき映画。
映像は加工し過ぎてCG処理してない
シーン見つける方が大変で、それが
自然な合成でなく、いかにもCGって
感じで胸焼けしそうな映像群。
実写に合成というより、もう絵を
描いちゃてるレベルにまで手を
加えているような。
類似の加工具合映画には
ウルトラバイオレット。
あれよりかは血生臭さをプラスした感じ。

しかし良いのか悪いのか狙ったのか?
本当に?!ホントかなぁ...映像処理の
し過ぎで、血が出ても腕を斬られても、
スプラッタ度が抑えられてる。
かといって映像美という感じでもなく...
ただ何か痛みやにおいなどの空気を
感じないという映像。

そして敵方の大将がキツい...
まあ製作側の狙い通りだと思うけど、
ピアスだらけ男...き、気持ち悪い!

最後は問題があるスタッフロール...
影絵の様なモノクロシルエットの
アニメーションなのだが、それが
とてつもなく趣味悪い!!
モチーフが...槍で刺され、剣で斬られ、
殺される兵士達!繰り返し繰り返し...
グラフィック化されちゃってるから
ある意味本編よりインパクトがあり、
残酷な感じがしないでもない。

何シーンかは目をひくものはあったけど、
最終的な感想がいかにこってりだったかって
事だけしか思い出せない。
ストーリーもあって無いようなもので
感動も無いし、ただ、ただ加工された映像の映画。

60セカンズ

| | トラックバック(0)

60セカンズ 特別編
★★★★☆
現在は子供のゴーカートの監督などをしている
メンフィスはかつて伝説的な凄腕の車泥棒だった。
もう引退した彼だが、弟が兄と同じ道の車泥棒に
なっていて、そしてヘマをしてしまった尻拭いに、
3日後の期限までに高級車50台を集めないと、
弟を殺すと脅され、現役復帰する。

特典映像を見ると、主役のニコラス・ケイジは
車好きらしく、なるほど絵に何となく説得力が
あったわけだ。と一人うなずく。
車泥棒時代の、かつての仲間を訪ね集結して〜
って話の流れ僕が好きみたいです。
まあ多少個々の能力の説明が少ない気はしますが、
見た目が個性的な面々なので、嘘臭くなくて
凄腕風の貫禄が出てて良かった。
あと、良くあるのが昔の仲間は集結したのはいいが、
実はスパイ的な裏切り者が〜ってのがなくて、
この映画に限っては、車泥棒vs刑事という構図が
よく見えて良かったかなと。
刑事も最後いいヤツでまとめてきて、好きな終わり方。

終盤のカーチェイスが迫力あり、街、水路、造船所と
場面も切り替わりお腹いっぱいに。
嘘臭くなりそうなカーチェイスの場面も、特に
気にならなかったから、僕的にはオッケー。

ただこの映画リメイクらしく、元の映画の方が
凄かったという感想を目にして、いつか観てみよう
と思ったり思わなかったり。

13デイズ

| | トラックバック(0)

13デイズ
★★★★☆
米ソ冷戦時代、アメリカの偵察機はキューバ
上空で撮影した写真にミサイルらしきものを
発見した。
そのミサイルは核搭載可能で、アメリカの
主要都市を射程圏内に収めるものだった。
J・F・ケネディ大統領と側近、軍幹部と
対応策・解決策を模索する。

いやぁー派手な映像・シーンも無いし、ほとんど
ホワイトハウス内での会議と軍幹部とのすれ違い
などがメインで、救世主が現れたり、ヒーローが
単独潜入しロケットランチャー、ショットガン等
派手にぶっ放し、大将の首取ったりー!!ってな
事はもちろん一切無い(^-^;)映画です。
だが、なんでしょう、全編とっても緊張感が漂い
観ている方もなんかピリピリして、かなり張りつ
めて固唾を呑んで観てました。

本当全編会議なのに、面白かった。
面白いって言っちゃいけないのかも知れないけど。

ホント、国のトップって大変だなぁと。
相手との取引もあるけれど、内部との駆け引きも
あり、世論も気にしつつ、きっついなぁー。
相手にはなめられちゃいけないけれど、強く出ると
相手には核兵器があり、向こうが撃てばこちらも
撃たねばならなくなる...
こちらから攻撃を仕掛けたら、向こうから報復を
され、向こうが仕掛けてきても攻撃されたからには
こちらからも反撃しなければならない...
絶対答えの出ない問題ですね...

こういう事がもしかして日々あり得る話なのかなぁ
と怖いですね。

21グラム

| | トラックバック(0)

21グラム (初回出荷限定価格)
★☆☆☆☆
重病のため余命短い男、前科持ちだがキリスト教に
目覚め神を信仰している男、幸せな子供2人の4人家族...
前科持ちの男が不慮の交通事故から、まず幸せな家族から
不幸が訪れ、やがて全ての人物に不幸が広がります。

ごめんなさーい。
とっっっっっても退屈でした。
はっきり言って期待はずれ!!
もっとこう泣かせる話なのかなぁと思っていたのですが、
簡単に一言で言うと...ズバリ!!
「運転免許更新の時見せられたビデオ映画!!」
のちょっと演技がしっかりした版。

全体的に重々しくじめじめして、スカッと突き抜ける様な
部分もなく、大きなどんでん返しもなく、淡々と進みます。
これ120分は長いでしょう。
90分で十分です。もうたくさん...(^-^;)
あ、そういえば「メメント」みたいに物語が細切れになって
前後がぐちゃぐちゃでくっついてます。
まあメメントのように難解ではないし、時間軸がそのままだと
ほんっと簡単なストーリーですからしょうがないのかな。

もう一度言います。
「運転免許更新の時見せられたビデオ映画」でした。

12モンキーズ

| | トラックバック(0)

12モンキーズ

★★★☆☆
ちゃんと見た記憶がないので、借りてみました。
なんか納得いかん。
オチもあんまやられた感がないなぁ。

28日後...

| | トラックバック(0)

28日後...特別編
★★★☆☆
ゾンビの恐さが少ないですね...
劇場版、DVD版のエンディングが特典で入ってますが、
DVD版のエンディングの方が明るくて好きでした。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち数字カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはワ行です。

次のカテゴリは雑談です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0