TV放映の最近のブログ記事

X-MEN2

| | コメント(0) | トラックバック(0)

X-MEN2
★★★☆☆
うーん...やっぱり登場人物が
多すぎるのかも。
前作もそうだったが何でか
のめり込めない。
戦いがアメコミ原作だからなのか...
何なのか...良く言えばこんなに
登場人物いるのにも関わらず
分かりやすい、悪くいえば単純。
力の能力に、力の能力で対抗する
イメージ。

実際はどうだったかは...何か
頭ふわっふわでストーリー
な〜んにも思い出せなかったり...
スミマセンです。

県庁の星

| | トラックバック(0)

県庁の星 スタンダード・エディション

★★★★☆
以前TVでやっていたものの
録画を鑑賞。

こういうスケールの邦画って
好きなんですよね。
はっきり言って派手さは無く、
地味なんだけど、最後ちょっと
だけスッキリするような、
そんな規模の邦画。
無理に派手さや演出を無理矢理
凝らなくても、面白い物は
できるのだなぁと。

ストーリーはベタのベタなんだ
けども、それでも面白かった。

妖怪大戦争

| | トラックバック(0)

妖怪大戦争 廉価(期間限定)
★★☆☆☆
アマゾンの感想などを見る限り
TV放映だと相当カットされて
いたようで、実際はもっと意味が
繋がるのかもしれません...

ごめんなさい、私は主人公の
少年の「うぉおぉおぉぉ」という
叫び声が耳について耳について
もうストレスたまりまくり。
私の大嫌いな野原しんのすけの
声のような抑揚でもう辛抱でき
ません...最後までは観ましたが。
ずっとこの叫び声...
怖がってもコレ。
気合い入れてもコレ。
もういい加減にしろと。

ストーリー的にはカットされて
いたようなので、あんまり
つっこみませんが、それでも
所々のギャグがいい加減にしろと。
ギャラクシークエストのように
最初コメディっぽく始まって、
最後はシリアスっぽく終わる方が
好きですね。
この映画は最終バトルが特に
コメディ色一番強いっていう感じで、
映画中の今までの段取りは一体
何だったのかと。
最後の決着の付け方が一番良くない。
あれだと主人公いらないって。
ストーリーの起承転結がいまいちの
気がします。

妖怪を多く出しすぎて、それぞれの
個性なんて全くないし、ただの
着ぐるみの妖怪もいて、そんなの
見るに耐えられないのですが...

子供向け映画だと思うので、あん
まり細かい部分は気にするなって
いう事なのかもしれませんね。

スカイハイ 劇場版 スペシャル・エディション
★★☆☆☆
TVドラマ放映を少しかじった程度です
ので、ファンってわけではない目線で。

何というか何か真剣に見れませんでした。
あまりにも非現実的すぎて。
(心臓を集めて〜という点)
それと邦画の悪い所だと思うのですが、
アクションのキレが悪いし、殺陣も何か
美しくなく、ただ剣を打ち合わせている
そんな印象。

戦闘中もうちょっとピンチなら、ピンチ
らしく、何かの技なら技らしくして
もらわないとテンション上がらんでしょ。
そもそもダンスを踊っている様な、この
スターウォーズ的な殺陣が好きではない
のです。

別に切られたらもっと血が出ろとか、
腕なくなるだろとかそういうのを期待
しているわけではなく、剣同士で打ち合い
したあとくるっと回って元の位置って
いう繰り返しが面白くないのです。
迫力も無いし。
こんな事なら編集で間吹っ飛ばして、
スピード感を出さないと、尋常ではない
スピードを表現出来ないのだなぁと。

ブラック・ダイヤモンド 特別版
★★★☆☆
厳密には違うかもしれませんが...
メイン2人ってはよっぽどよく
出来た脚本・演出でないと...
だれますね。

この映画もそうで、ジェットリーの
動きが見たいのに戦闘中に、一方は...
みたいなカット割りで、ガッカリ。

そして、2人メインの映画って
普通の演出として、最初仲悪い2人が
段々意気投合し、認め合っていくみたい
なのが多いと思うが、この映画は最初から
そんなに衝突しないし、認め合っていく過程が
描かれていないし...
こう2人の立場の違いや、葛藤もないし...

ジェットリー出るのなら、やっぱ
ジェットリーメインでみたいなぁと。

アート・オブ・ウォー
★★★☆☆
何かしっくりこなかった...
タイトルもしっくりこないなぁ。

予算の関係でしょうか、どこを
メインに置いているのか、イマイチ
分からなかった。

メダリオン

| | トラックバック(0)

メダリオン
★★☆☆☆
うーん。ただでさえコミカルな
ジェッキー映画のアクションが、
合成・ワイヤーの多用により、
余計安っぽく...
ふんわりしたワイヤージャンプ
なんていまさら見ていても面白くない。

合成・ワイヤーアクションはやっぱ
使い所と、映像の見せ方のアイディアと
センスが必要なんだなと再認識させて
くれた。

それといつも通りなんだけども、
大げさで軽いキャラクター設定...
ジャッキーメインなので、それで正解
なのかもしれないが、古い○○拳等の
映画以外のジャッキー映画の悪役って
全く印象に残っていない...
ジャッキー若い時にいいシナリオで
ジャッキーを生かせる最高の映画を
見てみたかったなぁと。

それとメイン設定であるはずの
メダリオンの発動条件や能力がさわり
しか説明されていないので、メインで
ある部分をまともに説明出来ない脚本って
どんな酷い出来なんだのかと。

マイアミ・ガイズ ― 俺たちはギャングだ ―
★★★★☆
ただタイトルで、もっとギャングっぽい
映画を想像していましたが、コメディでした。

4人の元ギャングの老人達の退屈な生活から
ある事件をきっかけに、まるで若い頃の
ギャング時代を彷彿とさせる様々な出来事を、
昔の癖や解決方法そのままでクリアしていく
そんな話でした。

昔の方法だが、どこか抜けている感じが
ほほえましく、最後ハッピーエンドも
いいなぁ。
あまり期待していなかった分、楽しませて
もらえました。

マッドマックス2
★★★★☆
あまり正確に覚えていないので、鑑賞。

いつも言われていると思いますが...
そんで確か映画が先だと思いますが、
まさしく北斗の拳の世界。

荒廃した砂漠のような世界、改造車、
モヒカン...すごいインパクトです。
そのインパクトが最後まで続き、飽きず
なかなかやっぱりすごい映画なのかも。
それにしても、敵が頭でも暴力でも、
悪そうすぎて凄い。

ペイバック

| | トラックバック(0)

ペイバック
★★★★☆
悪くなかった。
執拗なまでに7万ドルという金額にこだわる
ポーターが何か面白い。
7万ドルの為に、それ以上の損害や命の危険を
犯しマフィアまでそれも一人で相手にする。
バカすぎてかっこいいなぁ。
最後もハッピーエンドで満足。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちTV放映カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはア行です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0